スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

■臨死!! 江古田ちゃん ■
2006年05月26日 (金) | 編集 |
臨死!! 江古田ちゃん 1
臨死!! 江古田ちゃん 1
posted with amazlet on 06.05.26
瀧波 ユカリ
講談社 (2006/04/21)

月刊アフタヌーンにて現在連載中の4コママンガです。なんでこれを突然取り上げたかと申しますと、ズバリ「なんとなく」。最近仕事が忙しくて、毎日遅いんですよ。こーいう疲れてる時読むと、いい感じに気が抜けるというか、なんかどーでもよくなるというか…。

主人公の江古田ちゃん、家の中では常に全裸です。24歳のフリーター、昼間は保険のテレオペ、夜はフィリピンパブの夜の蝶(日本人なのに)。数々の男を喰ったり喰われたり、猛禽(一昔前のぶりっ子とは違う、男を手玉に取る今時な女)と闘います。
本命の彼氏には遠距離恋愛中の彼女がいるし、自分を神格化してくる信者君には女神扱いされ「愛される方が幸せだから」と自己暗示をかけてみたり、自分の家では全裸で寝転がり数時間アイドリングを続けてみたり…。それでも、江古田ちゃんは毎日を生きます、幸せになるために!←そうなのか?

あの、かわぐちかいじ氏も絶賛らしいですよ。ちょっと手に取りにくい表紙かもしれませんがちょろっと読んでみてください。特に女性の方は、絶対に共感できる部分があるハズです!!

そういえば、フィリピンパブとか保険のテレオペの様子とか、妙にリアルなんですよねー。作者の瀧波氏の実体験なんじゃないの?と勘ぐりたくなるくらい…。
スポンサーサイト

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
臨死!!江古田ちゃん『臨死!!江古田ちゃん』(りんし!!えこだちゃん)は、月刊アフタヌーンにて連載中の4コマ漫画。作者は北海道出身の漫画家、瀧波ユカリ。作者のデビュー作。2004年冬の四季賞にて大賞を受賞し、2005年4月号より連載を開始。.wikilis{font-size:10px;color:
2007/03/08(Thu) 05:43:33 |  このマンガが読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。