スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

映画【WALL・E】感想 前編
2008年12月25日 (木) | 編集 |
毎回楽しみにしているPIXAR作品、今回も行ってきました!しかも2回!!1回目の時、字幕で見る予定だったんですが、遅刻したので吹き替えで観てしまったので。しかし、先に字幕で観ていてもきっと2回目行った事でしょう。そのくらいWALL・E気に入りました!
もう、自分の中のピクサー好き好きランキングでトイストーリーについで2位の地位に早くもつきましたよ。トイストーリーは1と2合わせて1位なので、単独だったら1位になっちゃうんじゃない?的なカンジもあります。そのくらい今回は面白かった!!

長くなりそうなので、感想は続きからどうぞ。なお、ネタバレしたくない方はご遠慮いただくか、観覧後に改めてお越しくださいませ。

ちなみに、2回目は静かに観たかったので一人でレイトショーに行ったんですが、自分以外全てカップルだった。まあ、どうでもいいけど(笑)

WALL・Eウォーリー (ディズニーアニメ小説版)
アイリーン トリンブル
偕成社
売り上げランキング: 11226

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

毎回、ピクサー作品の予告を見る時思うんです。「なにー、次は魚~!?」、「え~、次の主役って車ー!?」、「うおー、次はネズミさんですか!?」っと。そして今回も思いました。「…何このボロっちい四角いロボット…。」

しかし、そんな心配は今回も無用でした。もう冒頭からウォーリーの動きに釘付けです。宝物を集めながら仕事をこなし、日が暮れてくると帰宅する規則正しい生活。家に着いたら靴を脱ぐようにキャタピラを脱いで、宝物を分類して収納。スプーンは左、フォークは右、先割れスプーンは…?どっちにしよ、どっちにしよ、う~んと…真ん中。この瞬間、ウォーリーに完全に惚れました(笑)
それから、お楽しみのビデオ鑑賞タイム。ミュージカルの若いカップルが手をつなぐシーンを見ながら、自分の両手を絡ませるウォーリー…。まったくいちいちカワイイなコイツう~ いつこのビデオを見つけたのかはわからないけど、きっと何百回、何千回も観てるんだろうね。日に日に誰かと手をつなぐ事への憧れが大きくなっていったのでしょうねー。

充電が切れそうな時は、寝起きが悪いような感じでフラフラと起きだし、ソーラーパネルを開いて太陽光でチャージ!そしてまた同じ一日が始まるのですが…。
ある日、ウォーリーの日常に変化が訪れます。轟音を上げながらやってきた宇宙船の中から、つるつる卵肌の真っ白な美少女(?)ロボット、イヴが降り立ちます。何かを探してるように飛び回るイヴに、たぶんウォーリーは一目ぼれだね!しかし隠れて見つめていたところ、うっかり物音を出した瞬間に腕のキャノン砲でズドン。超コワイわ、この娘(笑) 間一髪避けて、スクラップにならずにすんだウォーリーですが、ビビってガクガクブルブル… でも、この「アワワワワ!」ってなるのもカワイイんだよね~♪ 

二人は徐々に仲良くなっていき、ついにウォーリーはイヴを家へ連れ込みます。(←なんかイヤな言い方だな) とっておきの宝物を見せたり、ミュージカルビデオを見たりして、つかの間の楽しい時間を過ごすのですが、この日みつけた宝物のひとつ「植物」を見せた瞬間にイヴに異変が!突然ぽっかりお腹に穴が開き、植物を収納するとフリーズしてしまったのです!!
必死に「イ~ヴ!イ~ヴ!!」と語りかけるウォーリー。なんとか起動させようと、太陽に当ててみたり、車のバッテリーが上がった時みたいな事をやってみますが、動きません。雨の日は、雷に打たれながらも傘をさし続け、一緒に夕日を見ようと連れ出したり必死です。

そんなある日、あの宇宙船がイヴを連れ去りに来たからさあ大変!イヴを連れて行かれてなるものかと、ウォーリーは必死に宇宙船にしがみつき、舞台は宇宙へ…!
しかし、ウォーリーってシンプルボディだからなのかわかんないけど、丈夫だよね。大気圏突破して宇宙空間でも平気だし。それに、手っていうか爪?アレもかなり頑丈だよね~。宇宙へ飛び出す時のGに耐えてるし。

さて、ここからがますます面白くなるんですが、長くなったので今回はここまで。後編は後日アップいたします。
…3回目、観にいこうかな。あ、でもその前に「K-20]かな?

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。