スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

■夏目友人帳■
2007年08月22日 (水) | 編集 |
4巻発売記念?(遅いよ…)っつーことで、今回は「夏目友人帳」を紹介しまーす!3巻が出たときちょこっと取り上げたので、重複しちゃう所もあるかと思いますが、お気になさらず…。

夏目友人帳
夏目初描き。なかなか夏目っぽくならなくて苦労しました。なんだろ、髪型かな?
ニャンコ先生は、ほぼ一発書き(笑) 画像をクリックすると少し大きくなりますよ。


著者、緑川ゆき氏。掲載誌はLaLa DXおよび、たまにLaLa本誌にも出張してきます。ここのトコ、毎年夏に本誌に来てる気がします。オバケの季節だから?
絵柄は多少クセがあるため、好きキライが分かれてしまうかも。実は自分も緑川作品初期の頃はちょっと苦手でした

幼い頃両親を亡くした少年、夏目。妖怪と呼ばれるものの類を見る能力のある彼は、うそつき呼ばわりされたり気味悪がられたりして、親戚をたらい回しにされ孤独な幼少時代を過ごします。
高校生になり、心優しい遠縁の夫妻に引き取られた夏目は、その地で招き猫を依代とした大妖怪「斑」通称ニャンコ先生と出会い、祖母の遺品「友人帳」の真実を知らされます。それは、同じく妖怪が見えるため孤独だった祖母レイコが、うさ晴らしにいびり倒した妖怪たちの名前が記されたものであり、名前を書かれたたものは友人帳の所有者に逆らえないという代物。以来、用心棒を買って出たニャンコ先生と共に、名前を返すよう求める妖怪たちに追われたり、困ってる妖怪を助けたりする日々が続くのです。

っとまあ、あらすじはこんなカンジです。今までの中で1番好きな話は、2巻収録の第5話「旧校舎の怪」、笹田と時雨様の回。人間の女の子が絡んでくるという貴重なお話です(笑)他には無いんじゃなかったかなー?笹田がいいカンジにカワイイのです 転校してしまったのでちょっと残念。 
あとは第4話「ダム底の燕」第10話「闇に光るのは」第13話「春に解ける」ってあたりかな。あと、妖怪祓い人、名取さんが出てくる話はわりとみんなイイですね。
特に好きな妖は、燕、柊、ホタル、巳夜…。あれ、コレってみんな美少女仮面…?(笑)

LaLa10月号付録ドラマCDで、なんと初音声化!ふろくCDって今まで放っておいたんだけど、これは聞いてみようかなー。
コミックスは現在4巻まで出てますよ。是非読んでみてくださいな♪

夏目友人帳 1 (1) 夏目友人帳 2 (2) 夏目友人帳 3 (3) 夏目友人帳 4 (4) (花とゆめCOMICS)
スポンサーサイト

←お気に入りましたら、ポチっとお願い致します♪

テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。